セラピストのご紹介

はじめまして、KIRARAセラピストルーム代表の五月女真弓です

サオトメマユミ、と読みます

昭和44年6月18日生まれ 双子座 O型

埼玉県草加市出身&在住

美容専門学校卒業後、平成元年都内エステティックサロンにエステティシャンとして、店舗管理者として勤務。
その後バストケア専門サロン、脚やせ専門店、テレアポ集客サロン、豪華ホテル内エステサロンなど、様々な形態のエステを経験しました。

当時は当然のように「売り上げ重視!数字が出てナンボ!」の雰囲気の中にいながら「あたしは施術重視ですっ!結果が出てナンボ!」という姿勢を保ったまま10年近く修行ができたのは、まわりの諸先輩方の器の大きさのお陰です。
自然と社長とは仲が悪かったです。どこに行っても。

エステサロンのイメージが年々悪くなる一方であることに哀しみを感じつつ、それでもエステの素晴らしさをお伝えしたくて、仕事を続けました。
本当にお客さま重視の、自分が働きやすいお店を探しているうちに父の勧めや援助もあり、結局自分でお店をすることになりました。

平成9年上野にお店を出しました。初めはフェイシャル中心のサロンでした。

その後、表面だけのケアだけでは足りないことを強く感じ、リフレクソロジー、フーレセラピー、モンテセラピーなど、結果が見えやすいメニューを取り入れました。
体全体を総合的にケアすることで、そのお客さまの良さを引き出せたら、と日々取り組んでいるうちに、いろいろなことがありました。いろいろな事を考えました。

平成18年 北千住に場所をうつし、完全個室型の隠れ家的サロンになりました。

引っ越す事で、お客さまが離れてしまうことを心配しましたが、大多数のお客さまがついて来てくださいました。
本当に、涙が出るくらいありがたかったです。
「五月女さんの手(足)じゃないと」 「あなたに会いに行くわ」などなど、うれしいお言葉数多くいただきました。
引っ越す事で、いろんなことが実感できたり、わかったことがたくさんありました。
ここで、初めて「自宅サロン」のイメージがちょっとずつわいてきました。

 

その後、センセーションカラーセラピーを組み合わせる事で、自分でも気がつかない心の乱れや傷などを自然と解放しながら、身体のこわばりをほぐすという取り組みも始めています。

10本のカラーボトルが語る、潜在意識の声...たまにびっくりさせられます♪

 

そして平成21年7月

いよいよ自宅を改装して、自宅サロンとしての施術を始めました

少し不便になりましたが、KIRARAに通ってくださるお客さまには

「一生通えるサロン」としておつき合いいただけるように

少しでも長く続けられるようなかたちを作りました

 

「継続はちからなり」

私の好きなコトバです

お店を大きくすることに意味を感じないため、規模は小さいままですが(^▽^;)

ご縁ができた皆様とは、出来る限りそのご縁を結び続けていきたいと思っています

 

こんな私の小さなお店です

あなたが通える限りいつまでも、毎週でも月に一度でも年に一度でも

あなたのペースでながぁく通い続けていただけたら本当にうれしいです

 

2015.7.30追記

2013.3.7 男児を出産し、現在無期育児休暇中です

...が、ご希望のお客さまには条件つきでご予約を承っております

よろしければ詳細はこちらのフォームよりKIRARAセラピストルームへご連絡ください

 

閉じる

ページの最初へ戻る

HOME